大学に合格し、いざ東京での一人暮らしをはじめようとなると、お金がたくさん必要で悲鳴を上げてしまうほどの状況にあなたは追い込まれていませんか?そんなあなたに、家賃や初期費用を安く抑える方法をご紹介します。ただし、妥協しなくてはならない部分もありますので、よく確認してくださいね。

東京の大学に合格しました!

コロナ渦でしんどい受験勉強が続く生活を乗り越え、ようやく手にした大学の合格通知。ホッとすると同時に、新しい生活への期待がふくらみます。私も実家は田舎なので、2年間でしたが、学生生活は東京で過ごしました。リーマンショックの不況に巻き込まれ、まともに就職はできませんでしたが、それでも普段の生活は楽しめて、未だに思い出に残っています。

東京の一人暮らしはお金がかかる、とくに初期費用がすごい・・・

合格通知を手にし、さてどこに住もうかと部屋を探していると、急にヤバいと思うようになりました。何しろ、貧乏家庭で暮らしていた私には、この初期費用や家賃・・・

払えるのか、最後まで払い続けることができるのか・・・・

期待にふくらんでいた私の心は、急にしぼみました。やっぱり、実家から通うことができる大学を選択しておくべくだったのか???後悔もしましたが、後戻りできない状況になっていました。

一部屋のアパートでも、いざ借りるとなると、都内なら月に7万や8万すぐ飛びます。さらに、家具や生活用品は一通り設置しなくてはならないし、いろんな手数料やらなんやらで、都内で一人暮らしをはじめるとなると、20万や30万、すぐなくなります。さらに、大学の入学金や月謝も最初にはけっこうかかるので、人によっては、東京の大学に進学するのに、一気に100万とかの出費になってしまうこともあると思います。

安いところを必死で探しました。

アパートのワンルームで暮らす予定をあきらめて、安い一人暮らしをできるところを探し求めた結果、こういうところに出会いました。


シェアドアパートメント

簡単にいうと、バストイレが部屋についていないビジネスホテルで暮すという感じです。個人で一部屋ずつ割り当てられ、お風呂やトイレ、台所は共通で使います。家具とか最低限必要なものは備え付けてあるので、初期費用は大幅に抑えることができて助かりました。誰でも、完全に個人で仕切られたアパートで生活したいとは思いますが、現在コロナ渦でお金がなくて生活が厳しい状況にあるけども、東京で一人暮らしを始めざるおえないという方には、私はおススメします。

シェアドアパートメントに暮らしてみてよかったこと、大変だったこと・・・

全体的に思うのは、自分よりも、同じアパートの中に暮らす、周りの人の良し悪しによって、いいか悪いかが決まりますが、これは仕方がないことです。ここが、普通のアパート暮らしと一番異なる点だと思います。

私は、同じアパートのメンバーには恵まれて、2年間同じ部屋で気持ちよく生活できましたが、一緒に住んでいた人の話だと、私が来る前に、私の部屋にいた奴は、夜中に音をたてて階段を上がったり、台所を使っても後片付けをちゃんとしない人で他のメンバーが気分悪がっていて、周りの圧力で追い出したそうです。自分にとって、どうしても都合が悪い、合わない人と出会う可能性はありますので、そこは妥協するしかないです。

ただ、安く一人暮らしできたので、バイトしたお金も少し貯金できましたし、私が暮らしていたところは、毎月の光熱費が定額でしたので、夏冬、エアコンが、電気代の心配をせずに安心して利用できました。特に夏、エアコンの効いた涼しいお部屋で寝たいけど、電気代が心配。という方には、おススメします。

妥協しなくてはならない部分もありますが、それ以上にお金の心配をしなくてはならないあなたには、おススメできます。

ちなみに、私は女性専用のシェアドアパートメントに入っていました。女性専用の施設も多いということなので、希望される方は相談してみてください。

安く東京で一人暮らしをしたい方はお早めに!

東京都内で一人暮らしを始める予定だけど、お金が足りない!
コロナの都合で、世帯の収入が減り、家賃や初期費用を少しでも削りたい・・・
そう思っている方が、いつもの年よりも多いと思います。

ずっとシェアドアパートメントだと疲れてしまいそうだから、最初の一年だけにして、少しでもお金を貯めて、二年生になったら理想のアパートを借りて生活する。そんな使い方でも私はいいと思います。お金がないからといって、せっかく大学に合格したのに、東京で一人暮らしをあきらめて、地元の大学に行く・・・そういう考えになってしまった人もいるかもしれません。でも、制約ありますが、お安く東京で一人暮らしできますので、あきらめないで、早めに相談するようにしてほしいです。


シェアドアパートメント